ギャップを利用して人気嬢に

悪役プロレスラーが実はとっても優しい人で子供たちも大喜び。何とも微笑ましい場面である。きっと悪い人に違いないと思っていたら、実は良い人だったというパターンはこれに限らず不良少年にも当てはまる。彼らが電車で席を譲れば、とたんに人は見かけによらないと思われる。その後ほどなくして新聞の投書欄にその日の出来事が載る事であろう。

嘘をつかない真面目な風俗嬢がやりがちな失敗がある。彼女達は本当の事をプロフィールに書いてしまうのだ。私個人にとっては好印象の行為なのだが、より多くのお客さんを獲得したいのなら、やり方を工夫した方が良い。この方法は特に自分に自信が無い場合に有効になると思う。

あなたが優しさをアピールしたいと考えているなら、理想とするイメージと逆のメイクをした方が良い。眉を吊り上げ威嚇するかのような表情にしておくのだ。さて、これを見たお客さんの反応だが「うわっ恐そう」という所か。少なくとも優しそうな女の人だとは夢にも思わないはずだ。

プレイが始まると、その意外な優しさにお客さんは良い意味で予想を裏切られる。このテクニックは安さが売りのイベントなどで嬢を指名出来ない時にも、絶大な効果が期待できるだろう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ