日本の風俗の歴史について

男性の性的な欲望を満たしてくれる風俗は素晴らしいサービスであると思います。
そんな風俗ですが、その歴史は古く、中でも江戸時代にあった吉原遊郭は有名であると思います。
遊女と呼ばれる女性が男性をもてなしてくれる、といった今で言うソープやデリヘルといった風俗の原型とも言えると思います。
ですが、日本において一番初めに風俗を職業としたのは吉原遊郭ではないそうです。
日本で最古の情報では初めて売春を行ったのは平安時代~鎌倉時代に存在したとされる、
「神に使える巫女」だったそうです。
これは以外でしたね、神に使える巫女を抱くなんてバチあたりな、といった感じですからね。
しかも、そういった売春行為に金銭のやり取りはなかったそうです。
金銭を払う必要が無いのに女性を抱けるなんて羨ましい限りですが、
彼女達の収入源はどうだったのか、は気になるところではあります。
普段、何気なく利用している風俗ですが、こういった深い歴史があった訳です。
考えてみると世の男性にとっては必要不可欠なサービスですからね。
男性にとってはいくつになっても色々な女性とHな事はしたいですし、
そういった場合の選択肢の一つとして風俗は外せないですからね。
由緒ある歴史を持つ風俗、これからも有難く利用させてもらおうと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ